1. オンラインマニュアル
  2. はじめかたガイド
  3. 「配送・送料機能(upgrade版)」について
  4. 「配送・送料機能(upgrade版)」でできること・はじめかた
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]

「配送・送料機能(upgrade版)」でできること・はじめかた

「配送・送料機能(upgrade版)」でできることを中心に、利用方法・流れを解説します。

futureshopのご利用開始(futureshop新規発行)した時期により画面表示や設定手順が異なります。
2024.01.24バージョンUP以前か以後、ご自身の店舗がいずれかをご確認の上、本マニュアルをご覧下さい。

2024.01.24バージョンUP以前からご利用店舗様にのみに該当する解説や注意点については、「従来版」利用店舗様マークを付記しています。

「配送・送料機能(upgrade版)」への切替え前に確認してください

2024.01.24バージョンUP以前から「配送・送料機能(従来版)」利用店舗様のみ


「配送・送料機能(upgrade版)」は、切替えると元に戻せません

「配送・送料機能(upgrade版)」は「配送・送料機能(従来版)」とは全く異なります。
切替え前に新たな設定が必要となりますので、本ページで必要設定をご確認ください。

「配送・送料機能(upgrade版)」は、従来の「配送・送料機能」をご利用中でもプレビューが可能です。
事前準備・設定の際にご活用ください。


<その他重要注意事項>

まずはじめに「配送・送料機能(upgrade版)」の概要とご利用可能な店舗様について

概要

「配送・送料機能(upgrade版)」は、「従来版」に比べ三温度帯対応や複数配送サービス対応等、新たな機能が追加となっております。(機能詳細は「配送・送料機能(upgrade版)」でできること・はじめかたをご覧ください。)

現時点では一部提供を保留とした機能はございますが、より柔軟な配送設定、またユーザー画面内の「お届け予定日表示」機能などお客様(消費者)のメリットとなる機能が多数ご利用いただけます。

「従来版」機能からの、提供廃止・提供保留となっている機能については、<参考:配送・送料(upgrade版)ご利用時の制限と注意事項について>をご覧ください。

ご利用可能な店舗様とご利用方法

コマースクリエイターご利用(切替後)店舗様がご利用いただけます。

ただし、以下の(A)(B)の店舗様によって、ご利用開始方法が異なりますので、続く解説をご覧ください。

  • (A)2024.01.24バージョンUP以前からfutureshopをご利用の店舗様
  • (B)2024.01.24以降にfutureshop新規発行店舗様

(A)2024.01.24バージョンUP以前からfutureshopをご利用の店舗様

ご利用には、「配送・送料機能(upgrade版)」へアップグレード作業を行っていただく必要があります。

ただし「配送・送料機能(upgrade版)」へアップグレード作業は、コマースクリエイター切替後のみ可能です。
(コマースクリエイター移行中の店舗様は、アップグレード作業を行っていただくことができません。)

(B)2024.01.24以降にfutureshop新規発行店舗様

2024.01.24以降に新規でfutureshop店舗のアカウントを発行させていただいた店舗様を指します。

該当店舗様は、既に「配送・送料機能(upgrade版)」にてご提供しております。アップグレード作業などは必要ありません。

本マニュアル、および各設定画面のマニュアルをご参照の上、ご利用を開始してください。

表示メニューや項目について

上述した(A)(B)店舗様により表示内容が異なります。

(A)2024.01.24バージョンUP以前からfutureshopをご利用の店舗様

上記店舗様の管理画面には、「配送・送料機能(upgrade版)」用のメニューや項目と「従来版」のメニューや項目が並存しています。

「配送・送料機能(upgrade版)」ご利用開始後には、「upgrade版」などの表示や「upgrade」に際する注意事項の表示はすべて非表示となります。
また「従来版」のみに必要なメニューや項目も同様に非表示となります。

(B)2024.01.24以降にfutureshop新規発行店舗様

該当店舗様は、既にupgrade版メニューにて管理画面をご提供しております。

管理画面内に、「upgrade版」に関する文言表示や注意事項の表示などは、ございません。(「運用メニュー」の一部には表示されます。)

「配送・送料機能(upgrade版)」でできること・はじめかた

NEW:「upgrade版」で新たに追加された機能
Improve:「従来版」から改善された機能

三温度帯に対応しますNEW

商品に「冷蔵便」「冷凍便」「常温便」の3つの温度帯を設定できます。


  • 個口数から送料・手数料を計算します。
  • 温度帯ごとの同梱制御が可能です。
  • 「夏季クール便」(指定期間のみクール便商品として取り扱う)の設定も可能です。
  • 温度帯ごとに商品にラベルを表示することができます。

複数の配送サービスの利用に対応しますNEW

複数の配送サービス(宅配便・メール便)が設定できます。


  • 配送サービス(宅配便)ごとに、送料・最短お届け日・除外したい地域の設定が可能です。
  • 商品タグを利用して、配送サービスごとに利用不可商品を設定できます。

離島など一部地域対応ができますNEW

離島など郵便番号単位でグループを作成できます。


  • 作成したグループ単位で、送料加算や、配送不可地域の設定ができます。
  • 送料加算や、配送不可地域の設定は、配送サービスごとに設定可能です。

最短お届け日を「商品詳細」ページ等に表示できますNEW

「商品詳細」ページ等で、最短お届け日を確認できるように設定できます。


  • 最短お届け日の計算に必要な設定は管理画面で設定可能です。
    • 商品準備にかかる「商品リードタイム」の設定
    • 発送にかかる「配送リードタイム」の設定
    • 当日発送業務の締め切り「翌営業日扱い」の設定
  • 会員は自宅住所での最短お届け日が表示されます。
  • お届け先の都道府県を選択して、表示することも可能です。
  • 当日発送、明日お届け設定をすることで「明日お届け表示」が可能です。
  • 出荷除外日の設定ももちろん可能

商品ごとの「お届け希望日」の選択(「必須」「任意」「不可」)がより柔軟に設定できますImprove

「お届け希望日」指定の必須・任意・不可を設定しやすくなりました。


  • 店舗全体を「必須・任意・不可」にて設定できます。
  • 商品タグを利用することで商品ごとに例外を登録できます。

メール便での配送がさらに便利になりますImprove

  • メール便「専用商品」(宅配便の配送サービスを利用不可)の設定が可能となります。
  • メール便同梱数超過した場合、従来版では「宅配便」での配送となっていたところ、「メール便」のまま個口を増やしての配送することができます。

「複数お届け機能(ギフト対応)」「店舗受取機能(BOPIS)」の併用が可能となりましたImprove

従来の配送機能ではできなかった、「複数お届け機能(ギフト対応)」と「店舗受取機能(BOPIS)」の併用が実現できます。

その他設定が分かりやすくなりましたImprove

  • 高額購入送料割引が変わります。
    割引対象とする配送種別をより細かく設定できるようになりました。
  • 送料割引キャンペーンが変わります。
    メニューが独立し、設定しやすくなりました。
    また「従来版」では対象外であった「メール便送料」「商品個別送料」も対象とすることができます。
  • 送料計算の設定方法が変わります。
    「従来版」ではややこしかった、宅急便・メール便、それぞれにおける同梱時の計算が設定しやすくなりました。
    「配送・送料機能(upgrade版)」複数商品同時購入時の送料計算ケーススタディ

<参考:配送・送料(upgrade版)ご利用時の制限と注意事項について>

基本的な画面遷移について

通常商品を、注文する際の基本的な画面遷移についてご説明します。

複数のお届け先にお届けする際の画面遷移は、「複数お届け機能」利用のはじめかたをご覧ください。

店舗受け取りで店舗へお届けする際の画面遷移は、店舗受取のはじめかた -設定編をご覧ください。

以下の表示イメージでは、画面要素の見やすさを優先しているため、画面サイズが不統一です。

「商品グループ」画面

商品に設定された、お届け温度帯のマーク「クール便(冷蔵)」「クール便(冷凍)」「宅配便(冷蔵可)」が表示されます。

三温度帯マークの表示方法については三温度帯に対応したいをご覧ください。

「商品詳細」画面

商品に設定された、お届け温度帯のマーク「クール便(冷蔵)」「クール便(冷凍)」「宅配便(冷蔵可)」が表示されます。

三温度帯マークの表示方法については三温度帯に対応したいをご覧ください。

設定に従い、最短お届け予定日が表示されます。

最短お届け予定日の表示方法については「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したいをご覧ください。

「ショッピングカート」画面

商品に設定された、お届け温度帯のマーク「クール便(冷蔵)」「クール便(冷凍)」「宅配便(冷蔵可)」が表示されます。

三温度帯マークの表示方法については三温度帯に対応したいをご覧ください。

設定に従い、最短お届け予定日が表示されます。

最短お届け予定日の表示方法については「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したいをご覧ください。

注文商品一覧の下には、送料無料や割引率が表示されます。(「従来版」と同様)

送料無料や割引率の表示方法についてはショッピングカートに「あと●●円で送料無料」などを表示するをご覧ください。

「あと\1,700で送料無料です。」
「送料無料です。」
「あと\1,700で送料50%引きです。」

ログインしている場合は、[このサイトでお支払い]を押下します。
ログインしていない場合は、[ログインして進む(ログイン画面へ遷移)]もしくは[ご注文手続きへ進む(お客様情報登録画面へ遷移)]ボタンが表示されます。

以下は、ログイン済み、もしくは、お客様情報登録済みとして画面遷移を説明します。

「お届け方法選択」画面

「複数お届け機能」「店舗受取機能」を併用している場合のみ表示される画面です。

ここでは、「ひとつのお届け先に送る」を選択したとします。

画面の表示については、「お届け方法選択」画面をご覧ください。

「複数のお届け先に送る」を選択した際の画面遷移は、「複数お届け機能」利用のはじめかたをご覧ください。

「店舗で受け取る」を選択した際の画面遷移は、店舗受取のはじめかた -設定編をご覧ください。

「ご注文手続き」画面の表示

「お届け内容」欄内の[変更]ボタンを押下すると、 お届け方法や配送サービス、お届け希望日やお届け希望時間帯などを変更するためのモーダルを表示できます。

「複数お届け機能」「店舗受取機能」を併用している場合は、本画面からお届け先を複数に変更できません。ひとつ前の画面に戻る必要があります。

表示内容について詳しくは、「ご注文手続き(単数)(複数)」画面をご覧ください。

「配送方法変更」モーダル・「配送詳細変更」モーダル

お届け方法や配送サービス、お届け希望日やお届け希望時間帯などを変更するためのモーダルです。

選択した内容により表示が異なります。
詳しくは、「ご注文手続き(単数)(複数)」画面をご覧ください。

「配送方法変更」モーダル
「配送詳細変更」モーダル

以下を設定・変更できます。

  • お届けを、「店舗受け取り」に変更(「店舗受取機能」利用時)、あるいは、「指定住所にお届け」に変更できます。
  • 「配送サービス」を変更できます。
  • 「常温便」「クール便(冷蔵)」のどちらでも配送可能な商品がある場合、「常温便」「クール便(冷蔵)」のどちらで配送するかを選択できます。
  • お届け希望日を指定できます。(要設定
  • お届け希望時間帯を指定できます。(要設定
  • 詳細指定事項欄に配送に関するコメントを登録していただけます。(要設定

すべての設定を完了しモーダルを閉じると、「ご注文手続き」画面にて送料とクール便手数料が再計算され、表示されます。
それぞれの個口数も表示されます。

「離島など一部地域グループ」に設定した地域への配送であれば、商品の送料設定に関係なく宅配便設定-送料設定[離島など一部地域別]ボタンで設定した加算料がかかります。

その他決済方法などを設定後、[注文を確定する]ボタンを押下します。

「ご注文完了」画面の表示

ご注文完了となります。

ご利用開始のための手順(アップグレード手順)について

まず初めに検討すること

「従来版」利用店舗様:2024.01.24以前より「upgrade版」以前の配送・送料設定をお使いの店舗様向けの説明・注意事項です。

[1]利用したい配送サービスを検討する

複数配送サービスをご利用いただけますので、各配送サービスごとに例えば以下を検討し、利用イメージ整理します。


  • 送料設定をどうするか
  • 利用配送サービスを限定したい商品はないか(重量のある商品は佐川急便のみなど)
  • 利用配送サービスを限定したいお届け先はないか(遠方はゆうパックのみなど)
  • お届け先として、配送不可とするエリアはないか

⇒ 宅配便設定メール便設定の設定に必要

[2]各配送サービスが、お届けにどれくらいの日数を要するか整理する

各配送サービスにおいて、お届け先に商品を届けるために必要な「配送日数(配送リードタイム)」をあらかじめ調べておきます。
こちらを元に必要設定を行うと、お客様(消費者)に「お届け希望日」を選択いただけます。


  • お客様(消費者)に「お届け希望日」を選択いただくか
  • 選択いただくなら、全国一律で余裕のある「配送日数(配送リードタイム)」で設定するか
  • 選択いただくなら、都道府県ごとに「配送日数(配送リードタイム)」設定するか

商品ごとに、配送に要する時間を指定することはできません。

[3]都道府県単位以外に、離島や山間部など、配送できないエリアや特別に加算料を設定するエリアを検討する

例えば以下などを検討し、郵便番号を洗い出しておきます。


  • お届けに別途追加料金が必要なエリアはないか(東京都ではあるが、小笠原諸島などの離島)
  • 配送サービスによっては、お届けが不可であるエリアはないか(山形市面白山といった山間部)

[4]「お届け希望日」「お届け希望時間帯」をお客様(消費者)に選択いただくか、選択不可にする必要のある商品を検討する

「お届け希望日」と「お届け希望時間帯」としてそれぞれ選択可能です。

「従来版」利用店舗様

「従来版」では「お届け希望日時(希望日+希望時間帯)」として不可設定を行っていましたが、「upgrade版」では「お届け希望日」「お届け希望時間」を別々に設定します。
そのため、「お届け希望日選択不可」「お届け希望時間帯選択不可」商品を指定するために利用する「商品タグ」の確認・見直しが必要です。

<お届け希望日>

ECサイト全体設定として「必須・任意・不可」設定が可能な他、「商品タグ」にて特定商品だけ「必須・任意・不可」とすることができ、それぞれ組み合わせで設定が可能です。
例えば以下の点を検討します。


  • そもそもお客様(消費者)に「お届け希望日」を選択いただくか
  • 選択いただくなら、登録している商品をすべて、選択「必須・任意・不可」のいずれにするか
  • 選択いただくなら、別途「必須・任意・不可」のいずれかに設定するべき商品はないか

⇒ 注文時のお届け希望日選択の設定に必要

<お届け希望時間帯>

「希望時間帯」を選択できるようにするかを指定できます。「商品タグ」を利用し、特定の商品だけ指定ができないように設定可能です。
例えば以下の点を検討します。


  • そもそもお客様(消費者)に「お届け希望時間帯」を選択いただくか
  • 選択いただくなら、「選択不可」に設定するべき商品はないか

⇒ お届け希望時間帯設定の設定に必要

[5]出荷準備にかかる日数を検討する

商品を発送準備し、配送サービスへ渡すまでに要する日数(「商品リードタイム」)を検討します。
ECサイト共通、商品個別で設定可能です。
こちらを元に必要設定を行うと、お客様(消費者)に「お届け希望日」を選択いただけます。


  • そもそもお客様(消費者)に「お届け希望日」を選択いただくか
  • 選択いただくなら、全商品共通で「商品リードタイム」を設定するか
  • 選択いただくなら、「商品リードタイム」が全商品共通で設定した日数よりも「短い・長い」商品はあるか
  • 選択いただくなら、バリエーション毎に「商品リードタイム」が異なる商品はあるか
  • 出荷準備作業が行えない日はないか(定休日や特別休業日など)

設定手順

ここでは必要な設定項目と設定手順を説明します。
各項目の詳細については、各リンク先ページをご覧ください。

マークは必須設定項目です。それ以外は必要に応じて設定してください。

「従来版」利用店舗様:2024.01.24以前より「upgrade版」以前の配送・送料設定をお使いの店舗様向けの説明・注意事項です。

商品一括登録用に「upgrade版」項目を有効にする

商品タブ
バリエーション詳細タブ

商品データ一括登録項目設定の「商品タブ」と「バリエーション詳細タブ」の「upgrade版」用項目にチェックし、一括登録可能な状態にしておきます。

以下に続く商品登録の操作において、CSVでの一括登録が可能となります。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、「upgrade版」マークは非表示となっています。

現在設定中の「送料込み商品」「商品個別送料」に変更はないか確認する「従来版」利用店舗様

配送サービスの複数利用、送料設定の変更に伴い、「送料込み商品」「商品個別送料」を登録している商品をそのまま利用してもよいかを念のために確認してください。

特定商品に必要な「商品タグ」を登録する

先に検討した配送サービスの利用方法に従って、該当商品に必要な「商品タグ」を登録しておきます。

  • 各配送サービスの配送不可タグ(例:クロネコ配送不可)
  • 「お届け希望日」の選択用タグ(例:お届け希望日選択必須・お届け希望日選択不可・お届け希望日選択任意)
  • 「お届け希望時間帯」の選択不可タグ(例:佐川時間帯指定不可)

CSVでの一登録が可能です。
商品タグ一括登録をご利用ください。

全商品の「配送種別」を登録しなおす「従来版」利用店舗様・登録する

「配送種別」を必ず登録してください。

「従来版」利用の場合
2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の場合

「配送種別」を全商品に登録してください。 「宅配便」か「メール便」か、「宅配便」の場合は「温度帯」を含めて登録します。

「従来版」利用店舗様

現在の「配送サービス」項目がご利用できなくなります。

「従来版」の設定は、以下のようにへ自動的に移設されます。 必要に応じて確認、修正してください。

  • 「配送サービス」の設定は、「配送種別」へ
  • 「メール便(同梱数)」はそのまま「メール便(同梱数)」へ
    • 「同梱数」が「指定なし(空欄)」の場合、「最大値(9999)」で登録されます
    • 「宅配便で選択可にする」の設定は、チェックONの状態で登録されます
  • 「クール便」は「クール便(冷蔵)」へ

CSVでの一登録が可能です。
商品一括登録の列数「226.227」が該当項目となります。
次手順においても同様のCSVファイルを利用するので、登録する際は併せての登録がおすすめです。

特定商品に「商品リードタイム」を登録する

先に検討した商品の出荷準備に要する日数で、商品個別に設定が必要な場合は登録します。
※バリエーション商品で、バリエーションごとに異なるリードタイムを設定したい場合は、商品バリエーション詳細設定にて登録します。

基本情報-配送設定
商品バリエーション詳細設定

CSVでの一登録が可能です。
商品一括登録の列数「228」が該当項目となります。

参照:「商品リードタイム」とは

離島など一部地域グループを登録する

先に検討した離島や山間部などのエリアグループを、郵便番号で登録します。

本画面登録したデータを元に、送料設定におけるに特別料金の加算や配達不可エリアの指定、送料割引の計算が行われます。
送料設定など他のメニューを設定する前に、登録してください。

CSVで登録します。
CSV仕様は、アップロードCSVの仕様をご覧ください。

宅配便設定をする

先に検討した、利用したい宅配便サービスをすべて登録します。各項目の詳細については、リンク先の説明をご覧ください。

「お届けにどれくらいの日数を要するか(配送リードタイム)」「送料に加算料が必要なエリアがあるか」「配送を不可とする商品やエリアがあるか」「「お届け希望時間帯」を選択可能にするか」について本画面に必要な設定があります。

「従来版」利用店舗様

「従来版」とは設定メニューが異なります。「upgrade版」マーク付きメニュー配下の「配送サービス一覧」から遷移してください。

設定>配送・送料>配送サービス一覧の[配送サービスを追加する]より開始します。
表示されたモーダルにて「宅配便」を選択し、利用したい運送会社を選択します。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、左サイドの「upgrade版」メニューは非表示となっています。「従来版」の「配送サービス」メニューも表示されていません。

モーダル上の[配送サービスを追加する]を押下すると、「宅配便設定」画面に遷移します。

メール便設定をする

先に検討した、利用したいメール便サービスをすべて登録します。各項目の詳細については、リンク先の説明をご覧ください。

「配送を不可とする商品やエリアがあるか」について本画面に必要な設定があります。

「従来版」利用店舗様

「従来版」とは設定メニューが異なります。「upgrade版」マーク付きメニュー配下の「配送サービス一覧」から遷移してください。

設定>配送・送料>配送サービス一覧の[配送サービスを追加する]より開始します。
表示されたモーダルにて「メール便」を選択し、利用したい運送会社を選択します。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、左サイドの「upgrade版」メニューは非表示となっています。「従来版」の「配送サービス」メニューも表示されていません。

モーダル上の[配送サービスを追加する]を押下すると、「メール便設定」画面に遷移します。

配送・送料基本設定を登録する

配送・送料に関して、全配送サービス、店舗登録商品に共通となる設定を行います。各項目の詳細については、リンク先の説明をご覧ください。

「発送準備にどれくらい日数を要するか(商品リードタイム)」「クール便(冷蔵・冷凍)を利用するか」「「お届け希望日」を選択可能にするか」 「複数商品同時に購入された場合の送料計算をどうするか」などについて本画面に必要な設定があります。

定期・頒布会申込みの「配送」関する項目を設定する(定期購入・頒布会オプションご利用店舗のみ)

  • 定期リードタイム設定
    通常のお届けサイクルとは別に、「初回」のお届け日を選択できる設定にしている場合、「初回お届け希望日」の選択肢をいつから表示可能とするか算出するために利用します。
    なお「初回お届け希望日」の選択肢は、「商品リードタイム」「配送リードタイム」など、他の設定ととあわせて計算されます。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、「upgrade版」マークは非表示となっています。

「従来版」利用店舗様

「従来版」とは[受注データ]の生成タイミングが異なります。 [受注データ]の生成タイミングについてをご覧ください。

高額購入送料割引設定を登録する

購入金額による送料割引を行い場合は設定します。

「従来版」利用店舗様

「従来版」とは設定メニューが異なります。「upgrade版」マーク付きのメニューをご利用ください。
「従来版」と比較して、より詳細な割引設定を行えるようになっていますので、再設定をお願いします。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、左サイドの「upgrade版」メニューは非表示となっています。「従来版」の「高額購入送料割引設定」メニューも表示されていません。

送料割引キャンペーンを登録する

購入金額による送料割引を行い場合は設定します。

「従来版」利用店舗様

「従来版」では、「宅配便設定」の一部でしたが、「割引」メニューの中と変更されています。「upgrade版」マーク付きのメニューをご利用ください。
「従来版」と異なり、「メール便送料」「商品個別送料」もキャンペーン対象となりますので、設定の見直しをお願いします。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、左サイドの「upgrade版」メニューは非表示となっています。

三温度帯対応を示す「商品マーク」を設定する

「商品グループ」「商品詳細」画面に、三温度帯対応商品である旨、「商品マーク」を表示するための設定です。
表示ラベルは、コマースクリエイター>テーマ>ボタンで設定しますが、画面に表示するには本設定が必要です。

「従来版」利用店舗様

「従来版」の「クール便マーク」が「クール便(冷蔵)マーク」が変更となり、新たに 「常温便(クール配送可)マーク」「クール便(冷凍)マーク」が追加されています。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、「upgrade版」マークは非表示となっています。

マイページの「注文履歴詳細」画面・「申込履歴詳細」画面(定期購入・頒布会オプションご利用店舗のみ)に「配送方法」を表示する

マイページの「注文履歴詳細」画面・「申込履歴詳細」画面に「配送方法(常温便・クール便(冷蔵・冷凍))」を表示するための設定です。

「従来版」利用店舗様

「従来版」の「お届け方法」として「宅配便(表示名)・クール便・メール便名(表示名)」が表示されていましたが、 「upgrade版」では、「配送サービス」として「配送サービス名(表示名)・メール便名(表示名)」が、「配送方法」として「常温便・クール便(冷蔵・冷凍)」が表示されるようになります。

「現時点でチェックをONにしても、既存のECサイトに影響はありません。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、「upgrade版」マークは非表示となっています。

必要なボタンやメッセージを設定する

必要な設定と画面表示の対応については、画面表示イメージ(各種コメント・メッセージ・ボタン対応)をご覧ください。

「従来版」利用店舗様

「従来版」のと必要な設定が異なっていますので、再設定をお願いします。
「upgrade版」と「従来版」での表示“コメント”と“メッセージ”の対応表もご参照ください。

受注データのダウンロード項目の設定

受注データのダウンロード用に、新たに追加された項目のチェックをONにします。

「従来版」利用店舗様

「現時点でチェックをONにしても、既存の受注データに影響はありません。

表示に必要なレイアウトを確認&変更

「従来版」利用店舗様

一部のレイアウトについては、(upgrade)とついているレイアウトを利用することになります。
これまで利用していたレイアウトでは、ECサイトは表示できなくなります。

以下の表を参考に、各レイアウトに配置されているパーツを確認し、デザイン調整、および必要・不必要なパーツの配置を調整してください。

<ご注文・お申込み時に表示されるレイアウト>

種別 お届け先 レイアウト名
通常のご注文 単数 ご注文手続き(単数)(upgrade)
複数
複数お届け機能利用時のみ
ご注文手続き(複数)
店舗
店舗受取機能利用時のみ
ご注文手続き(単数)(upgrade)
複数・店舗選択画面
複数お届け機能店舗受取機能を併用時のみ
お届け方法選択(upgrade)
※本画面で「複数」「店舗」いずれかのお届け先を選択します。
 選択後に表示されるレイアウトは本表(上段記載)のとおりです。
定期・頒布会のお申込み
定期・頒布会オプション利用時のみ
単数のみ お申し込み手続き(upgrade)

<その他のレイアウト>

プレビュー項目の設定をする「従来版」利用店舗様

プレビュー表示するECサイトを、「従来版の配送・送料設定」で表示するか、「upgrade後の配送・送料設定」で表示するかを選択することができます。

アカウント情報を開きます。

プレビュー項目設定を押下します。
表示されたモーダルにて、「配送・送料機能(upgrade版)」を選択します。

[プレビュー項目設定]リンク
「プレビュー項目設定」モーダル

プレビューで確認する

プレビューの表示方法とプレビュー機能についてを参考に、プレビューを行いECサイト全体を確認してください。

(例)「レイアウト変更」画面から
(例)「テーマ」一覧から

修正や調整が必要な場合は各手順に戻り調整してください。

注意事項

受注データは確認できません。

複数お届け機能と店舗受け取り機能の併用する店舗様については、以下の注意点をご覧ください。
「店舗受取機能」をご利用の店舗様は、併用版のプレビュー確認ができません。(「複数お届け機能」のチェックをONにできないため。)
「店舗受取機能」をご利用でない店舗様は、「複数お届け機能」のチェックONのみで併用時のプレビューが「デザイン確認モード」で行えます。

「複数お届け機能」のみ利用時のプレビューは、「複数お届け機能」のチェックをONにし、「動作確認モード」で行ってください。

各種メール(ご注文確認メールなど)の設定をする

受注や発送が完了した際にお客様(消費者)へ送信される内容を確認します。
※ 実際のメールの確認は、プレビューではできませんので、[テストメール]やマニュアル記載のサンプルをご覧ください。

「従来版」利用店舗様

特に「任意受注連絡メール設定(管理者向け)」を利用している場合は、以下の置換文字が追加(出力内容変更)されていますので、必要に応じて設定してください。

切替えボタンを押下する「従来版」利用店舗様

以上で「upgrade版」利用のための事前準備は完了です。
プレビューで表示に問題がなければ、「配送・送料機能(upgrade版)」への切替え(「upgrade版」の利用開始)を行います。

店舗を一度閉店してください。

[切替える]を押下します。
注意事項がモーダルで表示されます。
複数画面表示されますので、全画面の注意事項をよく読み、それぞれチェックの上、最終画面にて[配送・送料(upgrade版)に切替える]ボタンを押下します。

アップグレード前の表示
注意アラート(最終画面)

切替えが完了すると、以下のような表示になります。一定期間経過すると、本項目は非表示となります。

アップグレード後の表示

テスト受注などを行い、動作確認を必ず行ってください。

「従来版」利用店舗様

左メニューの「配送・送料機能(upgrade版)」など、「従来版」と「upgrade版」を分けるために表示されていたメニュー表示や注釈、「従来版」にしか利用しない項目も同時に非表示となります。(受注検索メニューなどの一部項目には、残ります。)

定期・頒布会申込みの「次回お届け変更日」に関する項目を設定する(定期購入・頒布会オプションご利用店舗のみ)「従来版」利用店舗様

「従来版」利用店舗様

「upgrade版」アップグレード完了後にのみ、本項目が表示されます。
マイページから次回お届け日を変更する機能を利用する際には、忘れずに設定してください。

「複数お届け機能」「店舗受取機能」を併用する場合は、双方の「利用設定」のチェックをONにする「従来版」利用店舗様

テスト受注などを行い、動作確認を必ず行ってください。

画面表示イメージ(各種コメント・メッセージ・ボタン対応)

「配送・送料機能(upgrade版)」のリリースに伴って新規追加、また表示内容が変更された画面、およびコメント・メッセージ・ボタンについて解説します。

「従来版」からの設定が引き継がれる箇所、システム固定で出力される場所については記載しておりませんので、ユーザー画面表示イメージガイド(イメージ逆引きガイド)から各画面に遷移してご確認ください。

※表中の「NO」は、表示イメージ画像上のNOに対応しています。

「従来版」利用店舗様:2024.01.24以前より「upgrade版」以前の配送・送料設定をお使いの店舗様向けの説明・注意事項です。

<ボタン(図内:青丸番号)>

NO ボタン名 初期値
青(1) お届け先を変更-共通 お届け先を変更
青(2) 設定-共通 設定
青(3) クール便(冷蔵)-商品共通
「従来版」利用店舗様要変更
クール便(冷蔵)
青(4) クール便(冷凍)-商品共通 クール便(冷凍)
青(5) 常温便(クール便-冷蔵配送可)-商品共通 宅配便(冷蔵可)

<コメント(図内:緑丸番号)>

NO 設定画面 初期値
緑(1) 宅配便設定(メール便設定)-表示設定 店舗様の設定による
緑(2) 宅配便設定-配送方法コメント 配送日の指定がない場合、最短日のお届けとなります。
緑(3) メール便設定-配送方法コメント 到着日時指定はご利用頂けません。<br> 発送よりお届けまで、宅配便より多少お時間がかかってしまいますので、予めご了承くださいませ。
緑(4) 宅配便設定-クール便コメント ご注文商品に、クール便(冷蔵)で配送できる商品が含まれています。
緑(5) 宅配便設定-お届け希望日コメント 輸送ルートの関係上、ご希望に添えない場合もございます。
緑(6) 宅配便設定-詳細指定事項欄コメント 配送日時について他にご指示がある場合はこちらにご記入ください。
緑(7) 配送・送料基本設定ー配送サービス選択表示設定 店舗様の設定による
緑(8) 宅配便設定-配送サービス選択不可コメント/(メール便 宅配便:
この配送サービスはご利用いただけません。

メール便:
配送サービスにメール便をご利用いただくことができません。<br>メール便で送付できない商品がカートに入っていないか、あるいはメール便で送付する商品の数量についてご調整ください。
緑(9) 配送・送料基本設定ー翌営業日時刻設定 店舗様の設定による
緑(10) 配送・送料基本設定ー商品詳細・カートの最短お届け日表示 店舗様の設定による
緑(11) 宅配便設定-利用不可設定「カート内表示文字列」 店舗様の設定による
緑(12) 宅配便設定-送料とお支払いコメント/(メール便 宅配便:
配送日の指定がない場合、最短日のお届けとなります。

メール便:
【ご注意】
到着日時指定はご利用頂けません。
発送よりお届けまで宅配便より多少お時間がかかってしまいますので予めご了承くださいませ。

<メッセージ(図内:赤丸番号)>

NO メッセージ名 初期値
赤(1) お届け内容見出し お届け内容
赤(2) 常温便(クール便配送可)常温便選択済みメッセージ カート内にクール便(冷蔵)配送可能な商品があります。クール便(冷蔵)配送に変更できます。
赤(2-1)
※赤(2)と同様の箇所に掲載「クール便」でのお届けが選択された場合に表示
常温便(クール便配送可)クール便選択済みメッセージ カート内のクール便(冷蔵)配送可能な商品を、クール便(冷蔵)でお届けします。
赤(3) 店舗受取選択メッセージ <p>店舗受け取り(送料無料)をご希望の場合はこちら。</p>
赤(4) お届け詳細常温便メッセージ 宅配便でお届け
赤(5) お届け詳細クール便(冷蔵)メッセージ クール便(冷蔵)でお届け
赤(6) お届け詳細クール便(冷凍)メッセージ クール便(冷凍)でお届け
赤(7) 配送サービス選択不可メッセージ 選択可能な配送サービスがありません。
赤(8) 指定住所にお届け選択メッセージ(店舗受取利用時) <p>ご指定のお届け先への配送をご希望の場合はこちら。</p>
赤(9) 配送方法モーダル見出し 配送方法
赤(10) 店舗受取選択不可メッセージ(配送方法選択) <p>店舗受け取りをご利用いただくことができません。<br>店舗受け取りを選択できない商品がカートに入っていないか、ご確認ください。</p>
赤(11) 常温便(クール便配送可)クール便選択メッセージ クール便(冷蔵)で配送する
赤(12) 店舗受取選択不可メッセージ(お届け方法選択) 店舗受け取りをご利用いただくことができません。<br>店舗受け取りを選択できない商品がカートに入っていないか、ご確認ください。
赤(13) 包装見出し(複数)(upgrade) のし・ギフト包装
赤(14) カート内クール便(冷蔵)商品メッセージ クール便(冷蔵)
赤(15) カート内常温便クール便(冷蔵)配送可商品メッセージ 宅配便(冷蔵可)
赤(16) カート内クール便(冷凍)商品メッセージ クール便(冷凍)
赤(17) カート内高額購入送料割引(金額計算)対象外商品メッセージ 送料割引計算の対象外
赤(18) 配送詳細モーダル見出し 配送詳細
赤(19) お届け先変更モーダル見出し お届け先(都道府県)
「商品グループ」画面
「商品詳細」画面
「お届け先変更」モーダル
「ショッピングカート」画面
「お届け方法選択」画面
「ご注文手続き」画面
「宅配便(指定住所)」でのお届け
「ご注文手続き」画面
「店舗受け取り」でのお届け
「ご注文手続き」画面
「複数お届け先」でのお届け
「ご注文手続き」画面
「メール便」でのお届けでのお届け
「ご注文手続き」画面
「宅配便(利用可能な配送サービスなし)」
「ご注文手続き」画面-「複数お届け先(利用可能な配送サービスなし)」
「配送・放送方法選択」
「ご注文手続き」画面-「注文内容(共通)」
「配送方法変更」モーダル
「配送方法変更」モーダル-店舗受け取りのみ
「配送方法変更」モーダル-利用不可表示
「配送詳細変更」モーダル
「注文履歴詳細」画面
「定期申込履歴詳細」画面
「送料とお支払いについて」画面

参照「従来版」利用店舗様
「従来版」で利用していた設定とは異なる設定となっている場所が多くあります。
「従来版」との対応を確認したい場合は「upgrade版」と「従来版」での表示“コメント”と“メッセージ”の対応表をご覧ください。

よくある設定方法のご案内

<目次>

複数の配送サービスを利用したい

送料設定や配送可能地域などが異なる配送サービスを併用することで、配送サービスの特性を活かすことができます。

店舗様のメリット お客様のメリット

遠方ならば●●運送、大型商品なら▼▼運輸など、サービスそれぞれの特長をいかした配送を手配できます。

送料を比較して、安い方を選択したり、配送が早いサービスを選択したりと、ご希望に即した配送サービスを選ぶことができます。

ケース1:特定の都道府県あての場合のみ、配送サービスを限定したい

例えば、お届け先が「北海道・北東北・九州・沖縄」である場合のみ、送料を安く提供してくれる「佐川急便」の利用を必須にしたいという場合。
(仮の設定です。実際に「佐川急便」が安価かどうかは各配送サービスの送料設定をご確認ください。)

配送サービスを追加する

配送サービス一覧から[配送サービスを追加する]ボタンを押下し、表示したモーダルにて「宅配便」を選択します。

「運送会社」は、利用したい配送サービスをそれぞれ選択して追加してください。

「佐川急便」以外の配送サービスに「配送不可設定」を設定する

「佐川急便」以外の「宅配便設定」にて、「配送不可設定」の[都道府県]ボタンを押下します。

「佐川急便」以外の配送サービスにおいては、表示された「配送不可設定」モーダルにて「北海道・北東北・九州・沖縄」にチェックを入れます。
「佐川急便」の「配送不可設定」モーダルには、特に設定を行いません(配送不可設定都道府県なし)。

「佐川急便以外」
「佐川急便」

この設定により、「配送不可設定」にチェックを入れた都道府県がお届け先として指定された場合、「ご注文手続き」画面にて「佐川急便」以外選択できなくなります。

「ご注文手続き」画面で、配送サービスとして「利用不可」を示す表示設定をする

「ご注文手続き」画面にて、「配送不可設定」にチェックを入れた都道府県がお届け先として指定された場合、「佐川急便」以外の配送サービス名の後ろに本項目で入力した文言が表示され、選択不可であることを明示できます。

ケース2:特定の商品が注文された場合のみ、配送サービスを限定したい

例えば、大型商品のみ、送料を安く提供してくれる「佐川急便」の利用を必須にしたい。という場合。
(仮の設定です。実際に「佐川急便」が安価かどうかは各配送サービスの送料設定をご確認ください。)

配送サービスを追加する

配送サービス一覧から[配送サービスを追加する]ボタンを押下し、表示したモーダルにて「宅配便」を選択します。

「運送会社」は、利用したい配送サービスをそれぞれ選択して追加してください。

「佐川急便」以外の配送サービスに「利用不可設定」を設定する

「佐川急便」以外の「宅配便設定」にて、「利用不可設定」の「選択できない商品タグ」と「カート内表示文字列」を設定します。

「佐川急便」のみに利用を制限したい商品の商品情報>タグ(商品タグ)に上記で設定した「選択できない商品タグ」に設定した「商品タグ」を設定します。

CSVでの一括登録も可能です。
商品タグ一括登録をご利用ください。

「ご注文手続き」画面で、配送サービスとして「利用不可」を示す表示設定をする

「ご注文手続き」画面にて、「配送不可設定」にチェックを入れた都道府県がお届け先として指定された場合、「佐川急便」以外の配送サービス名の後ろに本項目で入力した文言が表示され、選択不可であることを明示できます。

三温度帯に対応したい

「従来版」利用店舗様:2024.01.24以前より「upgrade版」以前の配送・送料設定をお使いの店舗様向けの説明・注意事項です。

商品を「常温便」「クール(冷蔵)便」「クール(冷凍)便」の三温度帯に分けてお届けできるようになります。
食品などを取り扱いの店舗様はぜひご活用ください。

店舗様のメリット お客様のメリット

商品を「常温便」「クール(冷蔵)便」「クール(冷凍)便」の三温度帯に分けてお届けできます。
商品によっては、夏季のみクール便対応などの「期間指定」も可能です。

1回の注文で、複数の温度帯に属する商品を注文することができます。

「クール便(冷蔵・冷凍)」で配送したい商品を設定する

「配送・送料機能(upgrade版)」ご利用状況により、注意文・補足文の表示が異なります。

<設定と配送方法について>

「常温便」を選択 -- 「常温便」のみで配送可能
「クール便(冷蔵)で配送可にする」にチェック 「常温便」か「クール(冷蔵)便」をお客様(消費者)が選択可能
「クール(冷蔵)便」を選択 「クール(冷蔵)便」のみで配送可能
「クール(冷凍)便」を選択 「クール(冷凍)便」のみで配送可能
「夏季クール便(冷蔵)」を選択 「指定期間内」である場合 「クール(冷蔵)便」のみで配送可能
「指定期間外」である場合 「常温便」か「クール(冷蔵)便」をお客様(消費者)が選択可能
「メール便」を選択 -- 「メール便」で配送(温度帯は関係ない)
「宅配便で配送可にする」にチェック お客様(消費者)が宅配便でのお届けを選択された場合、「常温便」での配送

「従来版」利用店舗様

「クール便対応」と設定した商品の「配送方法」が変わります!

「従来版」では、「クール便」として扱う商品であれば、「常温便」もしくは「クール便(冷蔵)」のいずれかをお客様(消費者)が選択可能でした。
「配送・送料機能(upgrade版)」では、必ず「クール便(冷蔵)」となります。

お客様(消費者)に「常温便」「クール便(冷蔵)」を選択していただくためには、「常温便」を選択し、「クール便(冷蔵)で配送可にする」にチェックしてください。

「クール便(冷蔵・冷凍)」の基本的な利用設定をする

  • 利用設定
    「利用する」にチェックし、「クール便(冷蔵・冷凍)」にかかる追加の手数料を登録します。
  • 夏季クール便期間設定
    期間を限定して、「クール便(冷蔵)」で送りたい商品がある場合に利用します。
      「利用する」にチェックし、期間を指定します。
    一度設定すると、毎年自動的に適用となります。

「夏季クール便」は、「定期・頒布会商品」にはご利用いただけません。

「クール便」選択可能な商品の場合に、表示するメッセージを設定をする

商品登録-配送種別にて、「常温便(「クール便(冷蔵)で配送可にする」にチェック)」した商品や、 「夏季クール便」指定しているが「指定期間外」である商品が含まれる際に、「配送方法変更」モーダル・「配送詳細変更」モーダルで表示する文言を設定します。

他のクール便商品との同梱や、残暑が厳しい季節などにクール便を指定可能であることをお客様(消費者)に伝えることができます。

商品に「温度帯マーク」を表示する

商品がどの温度帯で配送可能かをラベルで表示できます。

「商品グループ」「商品詳細」画面

  • 常温便(クール配送可)マーク表示設定
  • クール便(冷蔵)マーク表示設定
  • クール便(冷凍)マーク表示設定

ラベル設定

ボタン名 初期値
クール便(冷蔵)-商品共通
「従来版」利用店舗様要変更
クール便(冷蔵)
クール便(冷凍)-商品共通 クール便(冷凍)
常温便(クール便-冷蔵配送可)-商品共通 宅配便(冷蔵可)

「ショッピングカート」「ご注文手続き」「注文履歴詳細」「申込履歴詳細」画面

マーク名 商品マークラベルの設定
常温便(クール配送可)マーク 「カート内常温便クール便(冷蔵)配送可商品メッセージ」
クール便(冷蔵)マーク 「カート内クール便(冷蔵)商品メッセージ」
クール便(冷凍)マーク(★) 「カート内クール便(冷凍)商品メッセージ」

マイページにて「配送方法」を確認できるようにする

「注文履歴詳細に配送方法を表示する」にチェックすると、マイページの「注文履歴詳細」画面に、温度帯が表記された「配送方法」が表示されます。

定期・頒布会商品の場合は、定期・頒布会申込履歴設定「定期・頒布会申込履歴詳細に配送方法を表示する」にチェックします。

2024.01.24以降futureshop新規発行店舗様の画面では、「upgrade版」マークは非表示となっています。

[参考]受注後の表示

受注詳細画面

「お届け温度帯」で受注内容を確認できます。

詳しくは、受注内容をご覧ください。

「商品・送料・手数料編集」画面

「受注詳細」画面の「お届け先」欄内の「商品・送料。手数料編集」ボタンより遷移します。
「お届け温度帯」にて温度帯の変更が可能です。

詳しくは、お届け温度帯の変更についてをご覧ください。

受注データのダウンロード

送り状データ

離島や山間部など、配送できないエリア・特別送料加算エリアを指定したい

「従来版」利用店舗様:2024.01.24以前より「upgrade版」以前の配送・送料設定をお使いの店舗様向けの説明・注意事項です。

店舗様のメリット お客様のメリット

離島や山間部エリアなど特別対応が要せられるエリアを、郵便番号レベルでマスタ登録し、各種宅配便設定や送料割引などの対象・対象外エリアに簡単に指定できます。
これにより、送料に関してお客様に無用な心労をおかけしたり、受注後に「配送不可」連絡をすることで心象を悪くすることもありません。お詫び対応コストも軽減されます。

事前に、「配送可能かどうか」また「送料がいくらか分かる」ので、注文後に店舗から「配送不可」「特別送料が必要」などの連絡があり、キャンセルせざるを得ないなど、必要以上にがっかりすることがなくなります。

登録に必要なCSVファイルを用意する

「都道府県別の送料設定」では制御しにくい離島や山間部など、配送・送料に特別な配慮を要するエリア(例:小笠原諸島(東京都)、奥尻島(北海道)、秩父市の一部山間地域(埼玉県)など)や商品特性(鮮度の関係上、3日以内にお届けできるエリアに限るなど)に従い、グループ化します。

該当エリアの郵便番号を準備し、1ファイルごとにCSVファイルを準備します。 CSVの仕様については、アップロードCSVの仕様をご覧ください。

離島など一部地域グループを追加する

こちらに登録するグループが、「宅配便設定」「送料割引設定」などすべての設定に利用可能なマスタデータとなります。

画面下の[離島など一部地域グループを追加する]ボタンを押下し、離島など一部地域グループ設定を開きます。

離島など一部地域グループを登録する

  • グループ名
    わかりやすいグループ名を登録します。
     エリア名(例:北海道離島)や加算料金分(例:+2000円エリア)などで指定すると便利です。
  • 対象地域設定
     [ファイルを選択する]を押下し、事前に準備しておいたCSVファイルをアップロードします。

アップロード後の挙動やエラー表示などは、アップロードCSVの仕様をご覧ください。

[特定のエリアに特別送料を加算する場合]特別送料の加算設定をする

「送付先別」を選択します。
[離島など一部地域別]を押下し、「送料設定(離島など一部地域グループ別)」モーダルをひらきます。

「送料設定(離島など一部地域グループ別)」モーダルにて[+追加する]を押下します。

行のプルダウンの選択肢より、離島など一部地域グループ設定で追加したエリアを選択します。
「加算料」に料金を入力して、[OK]を押下します。

例として、佐川急便で奥尻島にお届け先が指定された場合に、2,000円加算となる「佐川+2000円エリア(奥尻島)」を設定しました。

<設定後のユーザー画面>

宅配便設定-送料設定「北海道の送料設定は1,200円」
「ご注文手続き」画面-「奥尻島は送料+2,000円」

「離島など一部地域グループ」に設定した地域への配送であれば、商品の送料設定に関係なく宅配便設定-送料設定[離島など一部地域別]ボタンで設定した加算料がかかります。
例えば、送料込み商品を1点のみ購入した場合でも、加算料のみが送料としてかかります。

[特定のエリアを配送不可にする場合]配送不可設定をする

[1]配送不可設定をする

「送付先別」を選択します。
[離島など一部地域別]を押下し、「送料設定(離島など一部地域グループ別)」モーダルをひらきます。

「配送不可地域設定(離島など一部地域グループ別)」モーダルにて[+追加する]を押下します。

プルダウンの選択肢より、離島など一部地域グループ設定で追加したエリアを選択します。
[OK]を押下します。

例として、佐川急便ではお届け不可である石垣エリアを設定した「佐川(配送不可エリア/石垣エリア)」を設定しました。

[2]「ご注文手続き」画面で、配送サービスとして「利用不可」を示す表示設定をする

「ご注文手続き」画面にて、「配送不可設定」にてチェックを入れた特定エリアへお届け先が設定された場合、該当の配送サービス名の後ろに、本項目で入力した文言が表示され、選択できなくなります。

<設定後のユーザー画面>

「ご注文手続き」画面-「お届け先が「石垣島」」
「配送方法変更」モーダル-「佐川急便は選択できない」

「メール便」で商品を配送したい(複数個口配送対応も可能)

「従来版」利用店舗様:2024.01.24以前より「upgrade版」以前の配送・送料設定をお使いの店舗様向けの説明・注意事項です。

「メール便」専用商品を設定できる他、複数個口で配送することが可能となります。

店舗様のメリット お客様のメリット

複数個口配送にも対応しているので、「メール便」対応商品を拡大し、お客様(消費者)の送料負担を軽減した店舗運営をすることができます。

「メール便」対応商品が増える、また複数個口配送してもらえることで、送料負担を気にせず少額から購入できます。

「メール便」の送料設定をする

表示サービス名や送料など、基本的な「メール便」の設定をします。

「メール便」指定商品が複数同時購入された場合の送料計算設定を行う

送料込み商品と同時購入された場合の計算方法を設定します。

「従来版」利用店舗様

「従来版」では、「メール便」に関する複数商品同時購入時の送料計算設定はありませんでした。

「メール便」対応商品を設定する

該当商品の「配送種別」にて、「メール便」を選択します。

「配送・送料機能(upgrade版)」ご利用状況により、注意文・補足文の表示が異なります。

  • 「宅配便で配送可にする」にチェックしなければ、「メール便専用商品」となります。
    「宅配便」でお届けする商品と同時購入ができなくなります。
  • 「宅配便で配送可にする」にチェックをすると、「メール便専用商品」ではなくなりますが、「宅配便」でお届けする商品と同時購入でき、「宅配便」でもお届け可能となります。
  • 「メール便」の「同梱数」を設定すると、指定した商品数まで1個口でお届けできます。指定を上回ると、複数個口となります
「メール便」複数個口での配送イメージ

「従来版」利用店舗様

「従来版」は「メール便」の場合は、複数個口設定ができませんでした。

通常商品と定期商品で送料を分けたい

「従来版」利用店舗様:2024.01.24以前より「upgrade版」以前の配送・送料設定をお使いの店舗様向けの説明・注意事項です。

複数の配送サービスを利用可能な機能を利用し、「通常・予約商品」と「定期・頒布会商品」で利用できる配送サービスの料金を分けることができます。

店舗様のメリット お客様のメリット

定期購入者向けのインセンティブの一つとして送料値引きを謳え、定期購入への後押しにつながります。

定期購入をすれば送料のメリットを得られます。

「通常・予約商品」用の配送サービスを登録する

  1. 配送サービス一覧から[配送サービスを追加する]ボタンを押下し、表示したモーダルにて「宅配便」を選択します。
    「運送会社」は、利用したい配送サービスをそれぞれ選択して追加してください。
  2. 宅配便設定にて、通常・予約商品用の配送サービスを登録します。

    ・「利用設定」にて、「通常・予約」のみを選択します。
    ・「送料設定」にて、「通常・予約商品」が注文された場合の送料を設定します。
    ・その他項目も、必要に応じて「通常・予約商品」用に設定します。

「定期・頒布会商品」用の配送サービスを登録する

  1. 配送サービス一覧から[配送サービスを追加する]ボタンを押下し、表示したモーダルにて「宅配便」を選択します。
    「運送会社」は、利用したい配送サービスをそれぞれ選択して追加してください。
  2. 宅配便設定にて、定期・頒布会用の配送サービスを登録します。

    ・「利用設定」にて、「定期・頒布会」のみを選択します。
    ・「送料設定」にて、定期・頒布会商品」が注文された場合の送料を設定します。
    ・その他項目も、必要に応じて定期・頒布会商品」用に設定します。

「配送サービス一覧」の表示を確認する

上記のように設定をした場合、「通常・予約商品」が「ショッピングカート(通常)」に追加され、「ご注文手続き」画面に進んだ際には、送料500円で計算されます。
「定期・頒布会商品」が「ショッピングカート(定期)」に追加され、「お申し込み手続き」画面に進んだ際には、送料300円で計算されます。

メール便の場合は、メール便設定にて同様の手順で設定します。

「商品リードタイム」「配送リードタイム」を活用してお届け「予定日」や「希望日」を最適にしてお客様におしらせしたい

「商品リードタイム」「配送リードタイム」「定期リードタイム」をベースに様々な設定を組み合わせることで、より詳細かつお届け予定日の表示やお届け希望日の選択肢をお客様(消費者)に提供することができます。

購入前や購入時に「お届け予定日がわかる」「希望日の選択ができる」ことでお客様(消費者)にとっても、購入に際する不安を払しょくする、大きなメリットとなります。

店舗様のメリット お客様のメリット

取り寄せ商品のため、名入れやなどの加工に時間がかかるため、などの理由で、発送までに時間がかかる商品を個別に指定し、「商品リードタイム」として設定することができます。
さらに、配送サービスごと、またお届け先ごとに配送に要する時間を「配送リードタイム」として個別に設定できるので、現実的なお届け日をお客様(消費者)に提示できます。

お届け日を問い合わせたり、注文後に店舗からの連絡を待つことなく、受け取りの予定を立てられます。

まずは「商品リードタイム」「配送リードタイム」「定期リードタイム」の概要を説明します。

通常商品の場合
定期・頒布会商品の場合

[A]「商品リードタイム」とは

ご注文を受けてから配送サービスへ商品をお渡しするまでの、出荷準備期間を指します。
商品の取り寄せ、出荷準備などにかかる日にちを設定します。

設定画面は3種類あります。
それぞれ以下のような設定になります。

  • 店舗内のすべての商品に共通のリードタイムを設定するには、[A-1]を登録
  • 特定の商品に設定するには、[A-2]を登録
  • バリエーション毎に設定するには、[A-3]を登録

上記すべてを設定した場合の優先順位は、以下のようになります。

  • [A-3]バリエーション詳細 > [A-2]商品情報 >[A-1] 配送・送料基本設定

在庫状況や取り寄せ状況、生産状況など、商品ごとに異なるリードタイムを細やかに設定できます。

[B]「配送リードタイム」とは

配送サービスへ商品をお渡し後、運送会社がお客様(消費者)のお手元に何日で届けられるかを指します。

配送(輸送)にかかる日にちを設定します。

配送サービスごとに、全国一律・お届け先(都道府県)別に異なる配送期間を、柔軟に設定できます。
これにより、より確実な「お届け希望日の選択肢」や「お届け予定日」をお客様に提示することができます。

[C]「定期リードタイム」とは

お申し込み日からカウントし(お申し込み日を含める)、受注データを生成する前日まで(出荷準備に取り掛かる前日まで)に要する期間を指します。

「配送・送料機能(upgrade版)」ご利用時には「upgrade版」マークは表示されません。

在庫状況や、申込みキャンセルや変更などを受け付ける期間などを考慮して設定します。
設定された日数+1日後に受注データが生成されます。

本設定を利用することで、通常の定期サイクルに含まれない日でも、最短お届け希望日としてお客様(消費者)に指定頂くことができます。(「初回だけ早く欲しい!」というご要望に対応できます。)

ここから「商品リードタイム」「配送リードタイム」「定期リードタイム」の活用方法をご案内します。

「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したい

下図の赤枠部分が表示できます。

「商品リードタイム」を設定する

[A]のいずれか一つを設定します。

[配送リードタイム]を設定する

[B]を設定します。

お届け予定日の計算の起点となる都道府県を選択する

商品詳細・カートの最短お届け日表示で選択した都道府県が、 下図の緑NO(10)で示された部分に表示され、設定した都道府県にお届けする場合を想定して、「最短お届け予定日」を計算します。

会員がログインした状態である場合は、会員情報として登録済みの都道府県が表示されるとともに、「最短お届け予定日」を計算します。

ログイン/未ログインいずれの場合でも、「お届け先を変更」リンクから都道府県を変更すると、以降はその都道府県で「最短お届け予定日」を計算します。

<ユーザー画面表示イメージ>

緑NO(10)部分に「都道府県」が表示されます。
※その他の表示は本手順の設定に準拠していません。表示内容に差異がありますので、あらかじめご了承ください。

「最短お届け予定日」の算出方法

以下のような例の場合、お届け予定日は下図のようになります。


・注文日:11/10
・[A]の設定:5日
・[B]の設定:クロネコヤマト(全国一律)2日
・「商品詳細・カートの最短お届け日表示」の設定(もしくは、ログイン中の会員の登録住所):大阪府


「最短お届け予定日」は11/17

表示用のレイアウトパーツを確認する

ここまでの設定のみでは、ECサイトに表示とはなりません。
ECサイト表示用のレイアウトパーツが表示したい「商品詳細」画面用のレイアウトに配置されているか確認してください。

スタートアップテーマの「商品詳細レイアウト」をそのままお使いの場合は、初期配置されています。

レイアウト一覧にて「利用中」のマークがついている「商品詳細」画面・「ショッピングカート」用のレイアウトの「レイアウト変更」画面を開き、以下を確認してください。

レイアウトパーツ「商品名・価格など商品情報」内

商品詳細エリアまで開き、「お届け日表示」パーツが表示したい位置に配置されているかを確認します。

もし「お届け日表示」パーツが配置されていない場合は、右側の「パーツ検索」エリアから該当パーツを検索し、左側の「パーツ配置」エリアに配置します。

「お届け日設定」の利用設定をONにして表示を確認後、利用開始する

「利用設定」にチェックします。

本チェックがされていない場合は、「最短お届け日」自体が表示されませんのでご注意ください。

本機能を利用する際には、「お届け希望日時」を表示する機能も同時に利用することとなります。

「利用設定」チェックON時に「入力必須」のエラーメッセージが表示される項目がありますので、あわせて設定をご確認ください。

設定に関する注意事項がございます。以下をご覧ください。

「商品詳細」や「ショッピングカート」上に「注文期限((例)本日15時30分までのご注文で)」を表示したい

下図の赤枠部分が表示できます。
「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したいと異なる点は、注文期限時刻が表示されていることです。

設定した注文期限時刻を過ぎている場合は、「本日15時00分までの」部分が、「明日15時00分までの」に変わります。

本日(注文日)と明日(注文日翌日)の両日が出荷作業除外日の場合には、「注文期限(本日15時30分までのご注文で)」は表示されません。

「商品リードタイム」を設定する

[A]のいずれか一つを設定します。

[配送リードタイム]を設定する

[B]を設定します。

お届け予定日の計算の起点となる都道府県を選択する

「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したい手順[3]と同様です。

指定時間以降は翌日の受注として取り扱うための設定をする

「利用する」にチェックをし、時間を指定します。

指定時間以降の注文完了となったご注文は、翌日の受注したご注文とみなし、「お届け予定日」などを計算し、表示することができます。

「翌営業日時刻設定」利用時の「最短お届け予定日」の算出方法

以下のような例の場合、お届け予定日は下図のようになります。


・注文日:11/10
・[A]の設定:5日
・[B]の設定:クロネコヤマト(全国一律)2日
・「商品詳細・カートの最短お届け日表示」の設定(もしくは、ログイン中の会員の登録住所):大阪府
・翌営業日時刻設定:15:00


「最短お届け予定日」は11/18

ご注文が15:00前に完了すれば、11/10(当日受注・出荷準備着手)扱いとなり、「最短お届け日」は11/17となります。

設定のポイント

出荷・配送の環境が整っていれば、以下のような設定も可能です。

  • 当日出荷・当日発送
    ⇒ [A]商品リードタイムを「0日」・[B]配送リードタイムを「0日」と設定
  • 当日出荷・明日配送
    ⇒ [A]商品リードタイムを「0日」・[B]配送リードタイムを「1日」と設定

24時間配送可能な状況でない限りは、翌営業日時刻設定を忘れずに行ってください。
23:59に画面が表示された場合でも、「当日受注・出荷準備着手」の予定日表示となってしまいますのでご注意ください。

表示用のレイアウトパーツを確認する

「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したい手順[4]と同様です。

「お届け日設定」の利用設定をONにして表示を確認後、利用開始する

「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したい手順[5]と同様です。

設定に関する注意事項がございます。以下をご覧ください。

「お届け希望日」の選択肢を表示したい(「最短お届け日」の算出方法)

下図の赤枠部分が表示できます。
「ご注文手続き」画面内の、「配送方法変更」・「配送詳細」モーダル内で「お届け希望日」を選択していただけます。

「商品リードタイム」を設定する

[A]のいずれか一つを設定します。

[配送リードタイム]を設定する

[B]を設定します。

指定時間以降は翌日の受注として取り扱うための設定をする(任意)

詳しくは、「商品詳細」や「ショッピングカート」に表示する、「最短お届け日」に当日出荷可能である注文期限を表示するの手順[4]をご覧ください。

「お届け希望日範囲」を設定する

「ご注文手続き」画面内に表示される「お届け希望日」の選択肢に、「最短お届け日」から何日間表示するかを設定します。

「お届け希望日」選択肢の算出方法

以下のような例の場合、「お届け希望日」選択肢は下図のようになります。


・注文日:11/10
・[A]の設定:5日
・[B]の設定:クロネコヤマト(全国一律)2日
・お届け希望日範囲:(最短お届け日から)8日間
・お届け先:大阪府
・翌営業日時刻設定:15:00(任意)


「お届け希望日」選択肢は11/17~11/24

「翌営業日時刻設定」ありの場合

「お届け希望日」選択肢は11/18~11/25

ご注文が15:00前に完了すれば、11/10(当日出荷)扱いとなり、「お届け希望日」選択肢は11/17~11/24となります。

「お届け日設定」の利用設定をONにして表示を確認後、利用開始する

「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したい手順[5]と同様です。

設定に関する注意事項がございます。以下をご覧ください。

【定期・頒布会商品お申し込み時】「初回お届け希望日」選択肢を表示したい(「初回お届け希望日」選択肢の算出方法)

申込サイクル選択設定が「お申込み時に選択」の場合のみ設定可能な機能です。

下図のように、「初回お届け希望日」に表示する選択肢を設定できます。

「初回お届け希望日」プルダウン
「サイクル指定」選択肢内の「初回お届け希望日」

「商品リードタイム」を設定する

[A]のいずれか一つを設定します。

[配送リードタイム]を設定する

[B]を設定します。

[定期リードタイム]を設定する

[C]を設定します。

指定時間以降は翌日の受注として取り扱うための設定をする(任意)

詳しくは、「商品詳細」や「ショッピングカート」に表示する、「最短お届け日」に当日出荷可能である注文期限を表示するの手順[4]をご覧ください。

「お届け希望日範囲」を設定する

詳しくは、「お届け希望日」の選択肢を表示したい(「最短お届け日」の算出方法)の手順[4]をご覧ください。

定期・頒布会サイクル設定を設定する

「初回お届け希望日選択設定」に必ずチェックして下さい。

「初回お届け希望日」選択肢の算出方法

以下のような例の場合、お届け予定日は下図のようになります。


・注文日:11/10
・[A]の設定:5日
・[B]の設定:クロネコヤマト(全国一律)2日
・[C]の設定:3日 ・お届け希望日範囲:(最短お届け日から)8日間
・お届け先:大阪府
・翌営業日時刻設定:15:00(任意)


「初回お届け希望日」選択肢は11/20~11/27

「翌営業日時刻設定」ありの場合

「初回お届け希望日」選択肢は11/20~11/28

ご注文が15:00前に完了すれば、11/10(当日出荷)扱いとなり、初回お届け希望日」選択肢は11/20~11/27となります。

「お届け日設定」の利用設定をONにして表示を確認後、利用開始する

「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したい手順[5]と同様です。

設定に関する注意事項がございます。以下をご覧ください。

出荷できない日を登録し、「お届け予定日」や「お届け希望日」「初回お届け希望日(定期・頒布会のみ)」に反映させたい

定期的な営業休日、年末年始や夏季休暇などの営業除外日を「出荷作業除外日」として設定できます。

この設定により、「商品リードタイム」「定期リードタイム」の日にちカウントにおいて、「出荷作業除外日」に該当する日にちを除く(カウントに含めない)ことができます。

「配送リードタイム」は、既に配送サービスへ荷物がわたっている状況と考えられるため、カウントからは除きません(カウントに含めます)。

「出荷作業除外日」の指定日とお客様(消費者)の注文日によっては、「商品詳細」や「ショッピングカート」上に「注文期限(本日15時30分までのご注文で)」が表示されない場合があります。詳細は、こちらをご覧ください。

「お届け予定日」「お届け希望日」「初回お届け希望日(定期・頒布会のみ)」いずれかの利用設定を行う

それぞれの手順をご参考にしてください。

出荷作業除外日を登録する

[カレンダーから選択]を押下し、定休日や臨時休業日、年末年始休暇などを選択します。

毎年設定する必要があります。設定は引き継がれません。

「出荷作業除外日設定」利用時の「お届け希望日」「初回お届け希望日」選択肢の算出方法

以下のような例の場合、「お届け希望日」「初回お届け希望日」選択肢は下図のようになります。


・注文日:11/10
・[A]の設定:5日
・[B]の設定:クロネコヤマト(全国一律)2日
・お届け希望日範囲:(最短お届け日から)8日間
・お届け先:大阪府
・出荷作業除外日:毎週日・月曜/祝日
・翌営業日時刻設定:15:00(任意)(※下図では省略)


「お届け希望日」選択肢は11/19~11/26

定期・頒布会の「初回お届け希望日」の場合

「初回お届け希望日」選択肢は11/24~12/1

「お届け日設定」の利用設定をONにして表示を確認後、利用開始する

「商品詳細」や「ショッピングカート」などに「最短お届け日」を表示したい手順[5]と同様です。

設定に関する注意事項がございます。以下をご覧ください。

「お届け予定日」「お届け希望日」「初回お届け希望日(定期・頒布会のみ)」が表示されない場合の確認事項

以下の場合は表示されません。

  • 「メール便」「メール便(宅配便可のチェックON)」が設定された商品の場合
  • 在庫管理を行う設定である場合において、
    • 予定在庫が設定されている場合(「商品詳細」画面のみ非表示)
  • 販売期間が設定されている場合
  • 「通常・定期商品」「定期・頒布会商品」である場合(「商品詳細」画面のみ非表示)
  • 配送サービスの利用不可設定がされており、配送可能な配送サービスがない場合
  • 「注文時のお届け希望日選択」の設定にて、お届け日時の選択ができない設定にしている場合(詳しくは、以下の説明をご覧ください。)

設定>配送・送料>配送・送料基本設定-お届け希望日利用設定「注文時のお届け希望日選択」にて、「選択を不可」を設定している場合、「商品詳細」「ショッピングカート」「注文手続き」「お申し込み手続き」画面、いずれにも「お届け予定日」「お届け希望日」「初回お届け希望日(定期・頒布会のみ)」は表示されません。

また個別に「選択できない商品タグ」を設定している商品を含む場合も、表示されませんのでご注意ください。

参照:「お届け希望日」を選択必須にするか、不可にするか、商品ごとに詳細に指定したい

「お届け希望日」を選択必須にするか、不可にするか、商品ごとに詳細に指定したい

店舗の基本的な設定として「お届け希望日」を選択「必須・任意・不可」にするかを設定でき、その上で商品ごとに特例(選択「必須・任意・不可」)を設定することができます。

「お届け希望日」の表示方法と表示される選択肢については、「お届け希望日」の選択肢を表示したい(「最短お届け日」の算出方法)をご覧ください。

配送サービスごとに「お届け希望日」の選択制御をすることはできません。全配送サービス共通となります。

店舗様のメリット お客様のメリット

商品特性にあわせて、「お届け希望日」を指定可能/不可能/任意に設定でき、細やかな指定をしていただけるようになります。

お届け希望を選択できる、できないが明確になり、お買い物の利便性が上がります。

「選択任意」「選択不可」としたい商品に商品タグを登録する

「お届け希望日」の選択を「任意・不可」にしたい商品に、「商品タグ」を登録します。(名称は分かりやすいものにしてください。)

CSVでの一括登録も可能です。
商品タグ一括登録をご利用ください。

すでに登録済みの商品タグを利用する場合は、この手順は不要です。

「注文時のお届け希望日選択」を設定する

ケース1
ケース2
ケース3

店舗全体の選択(「選択を必須にする」「選択を任意にする」「選択を不可にする」)よりも「商品タグ」での指定が優先されます。

設定方法
ケース1 店舗としては「お届け希望日」選択必須
一部の商品のみ「任意」もしくは「不可」とする

店舗としては発送管理のために「お届け希望日」選択必須であるが、一部の商品のみ取り寄せなので「不可」としたい場合などを指します。
「選択を必須にする」を選択します。
その上で、先の手順で登録した「商品タグ」を「選択を任意にする商品タグ」「選択できない商品タグ」にそれぞれ設定します。
[選択必須の場合]表示イメージ
ケース2 店舗としては「お届け希望日」選択可(任意)
一部の商品のみ「必須」もしくは「不可」とする

店舗としては「お届け希望日」選択は「任意」であるが、一部の商品のみ取り寄せなので「不可」、賞味期限の都合上「必須」としたい場合などを指します。
「選択を任意にする」を選択します。
その上で、先の手順で登録した「商品タグ」を「選択を必須にする商品タグ」「選択できない商品タグ」にそれぞれ設定します。
[選択任意の場合]表示イメージ
ケース3 店舗としては「お届け希望日」選択不可
一部の商品のみ「必須」もしくは「任意」とする

店舗としては発送の目途が商品によりまちまちなので「お届け希望日」選択は「不可」であるが、一部の商品のみ賞味期限の都合上「必須」としたい場合などを指します。
「選択を不可にする」を選択します。
その上で、先の手順で登録した「商品タグ」を「選択を必須にする商品タグ」「選択できない商品タグ」にそれぞれ設定します。
[選択不可の場合]表示イメージ

異なる「商品タグ」が設定された商品を「同時購入」する際の「お届け希望日」選択制御

「選択を任意にする商品タグ」付き商品 「選択を必須にする商品タグ」付き商品 「選択できない商品タグ」付き商品 「お届け希望日」選択制御 エラーメッセージなど表示イメージ
同時購入エラー
購入不可
表示イメージ[A]参照
選択必須 表示イメージ[B]参照
選択不可 表示イメージ[C]参照
同時購入エラー
購入不可
表示イメージ[A]参照

「高額購入送料割引」機能で送料割引を行いたい

以下をご覧ください。

「常温便」「クール便(冷蔵・冷凍)」「メール便」「商品個別送料(常温便)」「商品個別送料(クール便(冷蔵・冷凍))」の配送方法とともに、「クール便(冷蔵・冷凍)手数料」「離島など一部地域別加算料」など、割引対象を細かく設定することができます。

特定の期間だけ「送料割引キャンペーン」を行いたい

以下をご覧ください。

「メール便送料」「商品個別送料」も対象となります。

複数商品同時購入時の送料計算の設定方法を知りたい

以下をご覧ください。

宅急便・メール便、それぞれにおける複数商品同時購入時の計算方法を解説します。

受注関連の画面表示や受注データについて

「受注一覧」関連画面での表示

「従来版」利用店舗様のみご注意点がございます。

受注一覧・未発送一覧・受注検索での、受注情報検索時の注意事項をご覧ください。

「受注詳細」関連画面での表示

「upgrade版」用の受注データが以下のように表示されます。

受注明細に「お届け温度帯」が表示されます。
「お届け先情報明細」情報内の明細部分」に「配送サービス」「配送方法(温度帯)」が表示されます。

受注データ関連について

「upgrade版」版で受注したデータの出力方法などについては以下をご覧ください。

「従来版」利用店舗様のみご注意点がございます。 各マニュアル上の注釈にご注意ください。